いろいろ日記

生活、映画、読書、その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
かげろう
かげろう



第二次世界大戦最中の1940年、戦火を逃れてパリから南ヘ向かう人々の列を、ナチス・ドイツ空軍の機銃掃射が容赦なく襲う。幼い息子と娘を連れた未亡人のオデール(エマニエル・ベアール)は、恐怖と疲労から半ば放心状態で立ち往生してしまう。そこへ突如現れた見知らぬ若者(ギャスパー・ウリエル)が親子を窮地から救い出す。イヴァンと名乗る若者は、オデールたちを安全な森の奥へ誘う。空き家となっている他人の屋敷でオデール親子とイヴァンの奇妙な共同生活が始まるのだった…。
(goo 映画より)


かげろう2

エマニュエル・ベアール。
色の無い、ほとんど素顔のような化粧。地味に結った髪。戦時中らしく、痩せてこけた頬。それでも、美しい。
ただ、彼女を見ると、どうしても「天使とデート」(べアールが出演していたアイドル映画)を思い出してしまう・・・。



この映画は、公開当時、シネスイッチで観ましたが、二つの感想を持ちました。
まず、やはり、出会って惹かれあっていく二人がいて、段々と距離が縮まり、とうとう結ばれる、という形の話は素敵だということ。
前回の「セクレタリー」もそうでしたが、ラブ・ストーリーの典型と言えるその形が、私は好きです。

かげろう3

字を知らない少年に、丁寧に教えるオディール(ベアール)。


次に、ラストの印象があまり無い、ということ。
今回、再び観るまで、全く覚えていませんでした。
もう少し、濃い余韻が残る映画だったら・・・
けれど、それがこの映画の味であり、監督が意図したものなのかもしれません。「かげろう」という邦題の通り。
けれど、原題は「迷い人たち(LES EGARES)」だ。
もしかして、邦題をつけた人も、あっけない、と感じたということ?

かげろう


さて、二人がとうとう結ばれる場面です。
一度観たから驚きはなかったのですが、少年は、「こっちの方が慣れているから」と言って・・・ああ、見る前に変な先入観を持たれてしまうかもしれないので、書くのはやめましょう。
でもその行為の理由は、少年の過去にあった、と解ると、とてもせつなくなるのです。

行為を終えた後の、二人の風情が良いですね。この時のベアールの表情はとても上手いと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。