いろいろ日記

生活、映画、読書、その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

ロック


原題 『ROCK,STOCK&TWO SMOKING BARRELS』
監督 ガイ・リッチー
主演 ニック・モーラン ジェイソン・ステイサム
ジェイソン・フレミング デクスター・フレッチャー
スティング

〈あらすじ〉
~ロンドンの下町、賭けカードゲームの切れ者のエディは大金を賭けたギャングとの試合に臨むが、まんまと八百長で負け大借金を背負うはめに。
仲間四人はお隣に住む悪党達が強奪した札束と麻薬を横取りする計画を立てる。~

出会えて良かった映画。
ビデオでぼーっと集中せず見ていた第一回目、さっぱりわけがわからず。「失敗したな~」と思った。
でも、ラストが何だか面白かったのと、登場人物の一人(エディ)が気になったのとで、再び見てみる。
少し解ってきたのでまた見る。繰り返し→はまる。

見惚れたのは、エディの賭けカードゲームのシーンね。あそこは最高だよ。放られるトランプのカード。くるくる回るチップ(コイン)。それぞれの人の表情。そして八百長で負けた瞬間のエディの顔のアップ。そして何といってもリズムに乗った音楽!かっこ良過ぎる!もう、何度このシーンを見たことか。

次に好きなのは、主役の四人組が札束と麻薬をゲットして、子供みたいにバーではしゃぐ場面。この四人組が出てくる度に私は幸せな気持ちになってしまう。あの中に入りたい!!そしてここでもまたもや音楽!
そう、この映画はなんと言っても各場面の音楽が最高!!UKロックっていうんですか?よー解らんがそれが全編流れてる。
それぞれの人の服装も素敵です。四人組のコート姿もさることながら、取り立て屋の強面(こわもて)の男の黒い服、大麻栽培の人たちのダラーンとした輪郭の無い変な服まで、この人にはこの服しか有り得ないだろうっていうセレクト。

結局何回見たんだろう。ちゃんと、物語全体のつながりや、登場人物たちの顔の判別、位置関係をのみこめるようになったのは、なんと五回目を過ぎたあたりから!これは、私の理解能力がちょっと悪いためなんだけど・・・。

とにかく完全に惚れました。完全に恋です。
ちなみにこのややこしい題名は、この映画に重要な役割として出てくるアンティークの二挺の銃の各部位の名称だって聞いたけど本当かな。

これは後で知ったことですが、ブラッド・ピットはこの映画に惚れこみ、安いギャラで監督の次の作品(『スナッチ』)に出演し、 トム・クルーズはこの映画のリメイク版の版権を買ったそうです(トムはリメイクが好きですね)。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
サントラ、買ってしまいました。かっこいいですよ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cinemasweet.blog73.fc2.com/tb.php/1-d7213eb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。