いろいろ日記

生活、映画、読書、その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
vi


監督 ロン・ハワード
主演 トム・ハンクス オドレイ・トトゥ

ういっす。てるかっす。
古い映画感想を殆ど載せたところで、新しいレビューを書いていきます。

パンフレット代も馬鹿にならないと、パンフレットを買うのをやめて久しいのだが・・・。
パンフがないと、イラストが描けないことに気づきました。
肖像権とかあるのか、映画の公式ホームページの画像だけでは厳しいです。

さてさて。ダ・ヴィンチ・コード。
映画化を知る前に、原作を読みました。
面白かった♪
映画化を知った時は嬉しかったな。
その時は、主演はジョージ・クルーニーとケイト・ベッキンセールだと言われていた・・・はず。

映画を観ての感想だけど、
髪も目も肌も白いシラス役の人がかっこよい☆と思いました。怖いけど。
しらす

先ほど調べたところ、彼の名はポール・ベタニー。イギリスの俳優で、奥さんはジェニファー・コネリーだそうです。
またイギリス!(私はイギリス映画・俳優が好き)
これはもう、やはりイギリスに行くしかないのかもしれない、私は。

映画については、これだけは言いたい。
原作を読んだ皆さんはお気づきでしょうが、オドレイ・トトゥ演じるソフィー・ヌヴーの髪が赤毛ではないのね。黒に近いダークブラウン。
なんだかこれが、ちょっとがっかりでした。
赤毛だと、賢そうに見えないから?それともオドレイに似合わないから?どちらにせよ、残念。ディズニー映画のリトル・マーメイドの人魚の髪が赤毛なのとか、いいエピソードなのにね。

それから、ソフィーが目撃した秘密の儀式・・・。
これこそ重要なのに、ソフィーが祖父と絶縁した理由であり、大事なテーマなのに、何故あんなにあっさりさりげなく描かれているの?

この2点かな。
原作と映画を比べても何にもならないから、ナンセンスってことは心得ているつもりではありますけれど。

あと!
オドレイ・トトゥのスタイルが、少女漫画そのものだったことをお伝えしたい。
脚が細ーーーーくて長ーーーーーーいの!
なのにバストは女性らしく大きくて(美容整形のそれではなく)。

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上)


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cinemasweet.blog73.fc2.com/tb.php/12-23609c32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。