いろいろ日記

生活、映画、読書、その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
pen


公式サイト⇒http://www.gaga.ne.jp/emperor-penguin/index2.html

日本語声の出演:大沢たかお 石田ひかり 神木隆之介


最近、よく考えていることがあって。

人間の話なんですが、

完全な健康体で問題なく生まれてくる人がほとんどだとは思うけれど、

生まれつき病気を持っていて、子供の頃から手術を余儀なくされたり、誰かの手を借りないと、日常生活を送るのが難しかったり、

あるいは、健康に恵まれていても、避けられない災害に襲われて、命を落としてしまったり、育つ環境が良くなかったり、

さまざま。

でも世の中は、「問題なく」生活出来る人の為に出来ている、という錯覚を起こすことがある。


それを不公平だとか言うつもりはなくて、ただ、その違いはどうして生まれてくるのだろう?と考えることがあって。


この『皇帝ペンギン』というドキュメンタリー映画を観て、少しだけ解ったような気がしました。観た時はね。


群れからはぐれて、命を落とすペンギン。

産まれたものの、うまく育つことが出来なかったペンギンのこども。

外敵に命を奪われてしまった母ペンギン・・・。


危険がたくさんある世界の中で、

生き残ることが出来たペンギンだけが、子孫を残すことが出来る。

それは特権?では、果たせずに命を落として行ったペンギンは可哀想?


でも、考え方を変えてみると、大きくとらえてみると、

この過酷な世界で、上手く生まれ育ち、こどもを上手く産み育てられた彼らは、「皇帝ペンギン」という種を存続する役割に「選ばれた」のかもしれない。



だからなんだよーって感じですけれど、ペンギンも人間も同じなのかもしれないな、と。

「幸せ」かどうか、はまた別の話である。単純に、子孫繁栄させていく、という役割において。

たとえば、病気か事故で幼くして死んでしまった子がいるとする。
でもそのお兄ちゃんが健康で、誰かと恋に落ちて子供を作れば、その死んでしまった子の遺伝子も、間接的に受け継がれる。




うん、まったく映画のレビューになっていないね。


映画のことを言えば、日本語吹き替えで観たのだけど、母ペンギン役の人の声がとてもよかったです。

誰だろう?調べてみたら、石田ひかりさんでした。見直しました!




皇帝ペンギン プレミアム・エディション
B0009MUDUGリュック・ジャケ ドキュメンタリー映画

ジェネオン エンタテインメント 2005-12-16
売り上げランキング : 2333

おすすめ平均star
starペンギンペンギンペンギン
starおごそかでいとしくて
starシンプルな生き方の高潔さ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




スポンサーサイト
2007.01.18 05:54 | 映画 | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。