いろいろ日記

生活、映画、読書、その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
peggy sue

※単なるイメージです!こんなにちびっ子じゃないし・・・。周り、ゴマちゃんかよ・・



『ペギー・スー』セルジュ・ブルソロ 金本ゆき子

------------------------------------------------

映画ではないのですが・・・
アニメ映画化するらしいので。

久しぶりにはまったフランスのファンタジー小説です!


3巻まで読みました。まだ続きます。


壮大なファンタジーです。
よく言えば奇想天外、悪く言えば・・・滅茶苦茶です(笑

生真面目で、筋の通っていないことは許せない、という方は読み続けるのが困難かもしれません。辻褄が合っていないところが多すぎるのです。

でも、この小説はきっと、そういう読み方をしちゃいけないんです。

「あれ!?」って思うところがあっても、作者(セルジュ・ブルソロ)が言うんだからそうなんですよ。間違いはないんですよ。

作者を信じて、のめりこめば・・・。

家にいながら、とんでもない世界に連れて行ってくれます!

子供向けと馬鹿にするなかれ。
けっこう、ブラックですわよ。

2巻が好きですね。「蜃気楼の国へ飛ぶ」。

「青い犬」がかっこいいんだわ・・・。セバスチャンも。

ペギーは、まだ少女ながら、しっかり恋愛しています。さすがアムールの国☆

3巻は、ラストのお化けの由来は面白かったけれど、さらに突拍子もなくなっているので、夢中になりきれなかったかな。
4巻に期待します!


ハリー・ポッターが長男的な正統派だとするならば・・・ペギー・スーはなんだろう?末っ子が自由に滅茶苦茶やってる感じかな?





ペギー・スー(1) 魔法の瞳をもつ少女
4042951015セルジュ・ブリュソロ 金子 ゆき子

角川書店 2005-07-23
売り上げランキング : 27789

おすすめ平均star
star予想が出来ない物語。
star私には大満足
starはまってしまいました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ペギー・スー(2) 蜃気楼の国へ飛ぶペギー・スー(3) 幸福を運ぶ魔法の蝶ペギー・スー〈4〉魔法にかけられた動物園ペギー・スー〈5〉黒い城の恐ろしい謎
4巻以降も・・・読んじゃうんだろうなぁ・・・。 表紙可愛いです。
スポンサーサイト
2007.01.18 08:35 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。