いろいろ日記

生活、映画、読書、その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
if


監督/スティーブン・スピルバーグ
主演/レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス

--実話だってのがびっくり!
60年代らしい雰囲気いっぱいの、スピルバーグ風クライム・ムービー--

あー、これねー、面白かったよ、うん。普通に。

なんかレオナルド・ディカプリオ+トム・ハンクス+スピルバーグってことで話題みたいだけどね、別に全然興味なかったんだけど、何故か初日に見に行っちゃった。

どういう話かといいますと。


1960年代の、アメリカ。
パイロットや医者に扮し、偽造小切手で儲けまくる天才少年詐欺師(レオナルド・ディカプリオ)!!
それを追うFBI捜査官(トム・ハンクス)!!
こんな感じですわね。

レオナルド・ディカプリオ演じる少年詐欺師が、とにかくすごい!

まだ子供だからなのかもしれないけど、この子は無鉄砲、そして恐れ知らず。すごい度胸。
けど元来の愛想の良さや、人好きのする感じ、そして機転の利く頭の良さから、普通だったら不可能だと思われるような詐欺を上手くこなしてしまうのよ。そして大金を手にして、女は抱くわ、パーティーするわ、やりたい放題!

もちろんまだ穏やかな時代だったというのもあるんでしょうねえ、こんな手口が通用するなんて。

面白いのが、ディカプリオ演じる少年が、行く先々で、女をたぶらかすとこ!!やっぱ天才詐欺師たるもの、そうじゃなきゃね!

パイロットの振りして乗り込んだ飛行機でナンパしたスチュワーデスから、医者の振りして入り込んだ大病院の新人ナースまで、とりあえずやってしまっていますね。しかもその後、愛にまで発展したりしてね。なのに裏切られたりしてね。

ああ、でも特筆すべきは…レオナルド・ディカプリオ、今までそんなに好きでもなんでもなかったけど、 この人はやはりとても魅力的かもしれない、ってこと!

上半身デブ気味だけど、やはりスタイルはいいよねぇ。ジェームズ・ボンドを意識したスーツ姿とか、かなりかっこいい。
16歳の役ってのは、やはりどうがんばっても無理があるような気がするけど(本当に少年らしい輝きをしていた『ギルバート・グレイプ』見ているからねぇ)、話がすすんでいくうちに、そんなのどうでも良くなっちゃった。

やはりイタリア系なのね、ロングヘアのシーンもあるんだけど、似合ってると思った。
最終的に捕まる直前、母のいる家を窓からのぞきこむ彼に、私の母性本能は揺さぶられましたことよ。またお得意の「泣かせ」ね、スピルバーグ。でもレオナルド・ディカプリオならいいわ、許す。

なんてことはいいとして、どうか、彼に大きい賞を与えて欲しいものですね。なんで賞取れないんだろ?アイドルっぽいから?

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cinemasweet.blog73.fc2.com/tb.php/6-237f4d2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。