いろいろ日記

生活、映画、読書、その他

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
vi


監督 ロン・ハワード
主演 トム・ハンクス オドレイ・トトゥ

ういっす。てるかっす。
古い映画感想を殆ど載せたところで、新しいレビューを書いていきます。

パンフレット代も馬鹿にならないと、パンフレットを買うのをやめて久しいのだが・・・。
パンフがないと、イラストが描けないことに気づきました。
肖像権とかあるのか、映画の公式ホームページの画像だけでは厳しいです。

さてさて。ダ・ヴィンチ・コード。
映画化を知る前に、原作を読みました。
面白かった♪
映画化を知った時は嬉しかったな。
その時は、主演はジョージ・クルーニーとケイト・ベッキンセールだと言われていた・・・はず。

映画を観ての感想だけど、
髪も目も肌も白いシラス役の人がかっこよい☆と思いました。怖いけど。
しらす

先ほど調べたところ、彼の名はポール・ベタニー。イギリスの俳優で、奥さんはジェニファー・コネリーだそうです。
またイギリス!(私はイギリス映画・俳優が好き)
これはもう、やはりイギリスに行くしかないのかもしれない、私は。

映画については、これだけは言いたい。
原作を読んだ皆さんはお気づきでしょうが、オドレイ・トトゥ演じるソフィー・ヌヴーの髪が赤毛ではないのね。黒に近いダークブラウン。
なんだかこれが、ちょっとがっかりでした。
赤毛だと、賢そうに見えないから?それともオドレイに似合わないから?どちらにせよ、残念。ディズニー映画のリトル・マーメイドの人魚の髪が赤毛なのとか、いいエピソードなのにね。

それから、ソフィーが目撃した秘密の儀式・・・。
これこそ重要なのに、ソフィーが祖父と絶縁した理由であり、大事なテーマなのに、何故あんなにあっさりさりげなく描かれているの?

この2点かな。
原作と映画を比べても何にもならないから、ナンセンスってことは心得ているつもりではありますけれど。

あと!
オドレイ・トトゥのスタイルが、少女漫画そのものだったことをお伝えしたい。
脚が細ーーーーくて長ーーーーーーいの!
なのにバストは女性らしく大きくて(美容整形のそれではなく)。

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上)



まつこ



監督・脚本/中島哲也
原作/山田宗樹(幻冬舎文庫)
主演/中谷美紀
出演/瑛太 伊勢谷友介 香川照之 市川実日子 黒沢あすか 柄本明

もう一回観たいです。

はたから見ると、なんで!?っていう松子の人生。

でも、こういう人っている。ここまで極端じゃなくとも、
「なんで!?」っていうほうに行っちゃう人・・・。

歌も良かったよ。
ボニーピンクのやつと、ハピーウエンズデイ♪ってやつが良かったです。もちろん、まげてのばしても。

松子の絵、どのシーンを描こうかすごく迷って、迷った挙句、何故かソープの客のおやじを描いてしまった。
もっと他にあるだろうによ・・・。

これも「なんで!?」だな。

嫌われ松子の歌たち
嫌われ松子の歌たち

嫌われ松子の一生 (上)
嫌われ松子の一生 (上)

嫌われ松子の一生 (下)
嫌われ松子の一生 (下)

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生
ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生

diaz


監督/ロジャー・カンブル
主演/キャメロン・ディアス、クリスティーナ・アップルゲイト、セルマ・ブレア

■やべーやっちまった!久々のお色気・下半身・馬鹿映画■

ほとんど事前情報を得ずに見に行きました。beautyのページが久々に更新出来そうだったし…。

なんとなく、『ブリジット・ジョーンズの日記』の二番煎じみたいなもんなのかなーなんて思っていたんだけど、そうでもなくて、ただひたすらセクシー&ゴージャスで空元気な明るくはしゃぎまくるキャメロン・ディアスを視覚的に楽しむ映画…って感じ。
どっちかっていうと『メリーにくびったけ』に近いかもしれない。下ネタっぽい笑い、という意味においては。

でもね、こっちはびっくりするくらい、中身が無かったよ!!ストーリー説明をするのも馬鹿らしいくらいに。
どうして?もっと面白く出来たと思うのに。いや、笑えることは笑えるけど。。
あのキャメロン・ディアス主演、しかも脱ぎまくりだっつーのに何故か単館上映、の意味が見て解った。
ただもう明るく楽しみたい!お色気見たい!って人にはおすすめだけども。

それにしても字幕翻訳の方(藤澤なんとかさん)、センス無いよな…。
まず邦題の「クリスティーナの好きなコト」っていうのがまず駄目かも。「こと」でいいじゃない?何故片仮名?
(そういやちょっと前「リーマン・ジョー」っていうサラリーマンを描いた映画があったけど、「リーマン」て…。邦題で萎えちゃうことが多いのって私だけかな)
まあ、題名は訳者の方が考えたのではないにせよ、「イケメンよ!」とかいうセリフ、ほんと勘弁してください。それに「He's so cute!!」がどうして「ハンサムだわ!」になるの?なんか違くないすか?しかも「イケメン」言うわりに「ハンサム」。
他にも色々…合わなかったです、訳。

●よかったところ●
クラブのシーン。行きてー!!って思っちゃった。ふふふ。
キャメロン・ディアスの友人役、黒髪おかっぱのセルマ・ブレア。いちおし!なんか妙に印象に残る人ですねえ。あ、もう一人の友人役、クリスティーナ・アップルゲイトも良かったよ。色っぽい演技も上手いけど、実は賢そうな感じ。
キャメロン・ディアスの恋する相手、トマス・ジェイン。くだらん役だったけど、昔のハリソン・フォード+デヴィッド・ディカヴニー(『Xファイル』の人。名前合ってるかなあ)って感じで、少し魅力的!
2003/3/18 (火)

※今って、商品によっては「好きなコト」じゃなくて「好きなこと」になっているんですねぇ。最初、観たときは「コト」だったんですよ。


クリスティーナの好きなこと コレクターズ・エディション
クリスティーナの好きなこと コレクターズ・エディション
renee



監督/ロブ・マーシャル
主演/レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、リチャード・ギア

■豪華!!!それに尽きる、ミュージカル映画です■

絵が適当ですまんのう。もっと気合入れて描きたかったけどさー。
つーか似てねーよ!!!もうやだ。
ストーリーはそこらでやってるからほっときます。

もう、もう、キャサリン・ゼタ・ジョーンズのダンスと歌がかっこよかった!!
ほんとはレニー・ゼルウィガー目当てに見に行ったんだけど、思わぬ掘り出し物。

あのおかっぱ頭はどうなんだ、とか思ってたけど、見てみたら、それがまた良くて!
大柄で、骨太(に、見える)な、長い手足を余すところ無く動かすダンス、そしてドスのきいた歌声!

冒頭の「オール・ザット・ジャズ」、かっこよかったーー!!一番好き!!

なんだかほんとのミュージカルのような映画だったけど、やっぱりダンスや歌っていいなって思いました。
「パワー」と「豪華」を楽しみたい人は、是非。

シカゴ スペシャルエディション
シカゴ スペシャルエディション
matrix


監督/ウォシャウスキー兄弟
主演/キアヌ・リーヴス、キャリー・アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン

■すっげー!!超・質のいいゲームって感じです■


えー、前作を観ずに観てみました(しかもビデオもDVDも全部貸し出し中だった!皆考えることは同じです)。よって、まともな感想や説明なんて出来ないのです。
大好きな辛口映画評論家のヒロコさんが解りやすく面白く解説しているんでそちらをどうぞ♪

そんなわけでわたくしは、それぞれの登場人物に対する感想を・・・。観てない人にはさっぱり解らないかも。すみません。

●キアヌ・リーヴス(ネオ役)さま

サングラスを外すと、思慮深い、子犬のような目をしてらっしゃる。この映画の為の減量、ごくろうさまでした!やっぱ、スターは締まってないとね。。少し影が薄かった気がするけど、登場人物多いから仕方ないね。

●キャリー・アン・モス(トリニティー役)さま

出だし、かっこいい!着地のポーズ。ビルから落ちながらも敵を銃で撃つなんて・・・。とにかく賢い顔だ!特に口許。

●ローレンス・フィッシュバーン(モーフィアス役)さま

ちょっとぐっさんに似てるような気が。。好きですぅ。

●ヒューゴー・ウィービング(エージェント・スミス役)さま

クローンみたいにどんどん増えていくんだけど、ちょっと笑ったわ・・・。ププー。

●モニカ・ベルッチ(パーセフォニー役)さま

んー、唇が!!厚い!

●レーメント兄弟(白いツインズ役)さま

ああ・・・好きかも。なんでだろ。白ドレッドっていいすねー。

---こんな感じです。私もカンフーやりてえな。。
2003/5/16

マトリックス リローデッド 特別版
マトリックス リローデッド 特別版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。